会長挨拶


篠辺 修
篠辺 修

  

「むずかしい話はさておき、参加してみよう」

 

                  篁会会長 篠辺 修

 

 高校23回生・篁71回生の篠辺です。

 

 これまでの旧第二高女、現竹早高校同窓会である篁会の活動への参加やご協力に、心より感謝申し上げます。

 

 古関前会長から篁会の会長を引き継ぎましたが、これまで篁会の活動には全くと言っていいほど参加しておりませんでした。そういう人間が会長で良いのかとも思いましたが、これを機会に、少しでも篁会の活性化のためのお役にたてばと考え、お引き受けいたしました。精一杯努力したいと思います。

 

 さて、その篁会の活動ですが、これまで役員を始め会員の皆様の頑張りにより、着実に活性化しております。例えば、継続して取り組んでいるものとして、「会報の発行」、「奨学金の授与」、「竹早祭出店」、そして、「篁寿会開催」などがあります。そして、それらに加えて、近年は、私のような消極的な会員が多い現実を踏まえて、名簿の整理を進めるとともに、維持費用のことも考え、紙媒体からシステムでの管理に移行しました。また、各界で活躍している卒業生の協力を得て、高校とも調整し、高校生の夏休みの体験学習として「企業訪問」の実施や、卒業生を講師とした「特別セミナー」の開催なども行っています。

 

 そして、今年は、篁会総会を竹早高校で開催し、「竹早高校ホームカミングデー」(ワカタケる)として、卒業生・同窓生の旧交を温め、懇親を深める場として、また、現役生との交流の場にしていこうと計画しています。

 

 毎年、竹早高校から後輩が巣立っていきますが、卒業生の皆さんの中には、仕事を優先せざるを得ないかたや、篁会の活動に興味があっても参加がむずかしいかたもたくさんいらっしゃると思います。少しでも高校時代のことが頭に浮かんだら、会報をご覧になったり、篁会のサイトにアクセスしてみてください。どのような活動をしているのかを知って頂き、そして、チャンスがあればぜひ参加して頂きたいと思います。

 

 竹早高校は、1899年の設立以来、東京府立第二高等女学校、東京都立第二高等女学校、東京都立第二女子高等学校、そして、東京都立竹早高等学校と変遷しながら、間もなく120周年を迎えようとしています。この節目に向けて、篁会の活動をさらにたくさんの卒業生に知ってもらい、少しでも参加いただけるよう、各理事を先頭に、役員、卒業生有志、そして先生方と努力して参りますので、よろしくお願いいたします。

2017年11月


篁会新会長 篠辺 修氏のプロフィール(篁71回生、高校23回生)


<略 歴>

1952年11月11日生まれ

文京区立誠之小学校 文京第六中学校

1971年 東京都立竹早高校卒

1976年 早稲田大学理工学部機械工学科卒

1976年 全日本空輸㈱入社 整備本部配属

2003年 整備本部品質保証部長

2006年 執行役員

2007年 取締役 B787プロジェクト長

2009年 常務取締役

2011年 専務取締役

2013年 代表取締役社長

2017年 ANAホールディングス副会長

2019年 ANAホールディングス特別顧問

以上